引継ぎ中だけど後任を辞めたい!ときにやるべきこと

引継ぎ中だけど後任を辞めたい!ときにやるべきこと

  • 引継ぎを受けたら予想外に仕事がきつそう
  • 引継ぎの途中だけど後任を辞退したい

という悩みに答えます。

結論を言えば、引継ぎの途中で後任を辞退することはできます。

もちろん会社が認めれば、ですが。

また、引継ぎの途中で退職することもできます。

私は前任者が毎日22時過ぎまで残業。

日をまたぐことも、徹夜になることもある。

と言われた仕事を引き継ぎました。

そんな、きつすぎる仕事を引き継ぎ、後任をやめたい! と、思ったときにできることを紹介します。

引き継ぎの途中でも後任は断れる

引き継ぎの途中でも後任は断れる

引き継ぎの途中でも、後任を断ることはできます。

できますが、後任は会社命令です。

なので、ただ「いやだから」といっても、断ることはできないでしょう。

つまり後任を断るには、会社が納得する理由が必要だ、ということです。

断るときは言い方に注意する

引き継ぎの途中で後任を断るときは、言い方に注意してください。

間違っても「いやだから」「できないから」などと言ってはいけません。

「前任者から話を聞きいろいろ考えましたが、私の手には余るようです。申し訳ございませんが後任を辞退させてください」

テンプレですが、この言い方が一番無難です。

ポイントは、必ず前任者から話を聞き、手に余る部分を見つけておくこと。

先ほどの言い方で後任を断ると、間違いなく「何が手に余るんだ?」と聞かれます。

明確な回答ができなければ、「辞退する必要はない」と判断されるでしょう。

言い方も大切ですが、会社が納得する理由も必要です。

愚痴や悪口にならないように注意しつつ、相手が納得する理由を説明してください。

引き継ぎの途中で退職もできる

引き継ぎの途中で退職もできる

引継ぎの途中でも会社を辞めることはできます。

できますが、本当にやめるのであれば、できるだけ早く退職の意思を伝えてください。

退職の意思を伝えるのが遅くなるほど、会社や周りの人に迷惑が掛かります。

何しろ前任者は引継ぎが終わったら退職しますから。

退職の意思を伝えるのが遅れれば遅れるほど、「やっぱり私も辞めます」では、済まない話になってしまいます。

引継ぎの途中で退職を決意したら、できるだけ早く会社に伝えることが大切です。

引継ぎ後の業務改善を申し出る

引継ぎ後の業務改善を申し出る

後任を断る前に、業務の改善を申し出ることもできます。

引継ぎの途中で改善を申し出れば、引継ぎの内容そのものを変えることも可能です。

仕事の中身をしっかりと聞く

引継ぎの途中で改善を申し出るのなら、内容をしっかりと聞くようにしましょう。

そして改善すべきポイントと案をまとめます。

例えば、他部署の仕事を引き受けすぎているなら、担当するべき部署に仕事を戻す

明らかに人手が不足しているなら、人員の追加をお願いする

無駄な仕事が多ければ、手の空いている人に振り分けてもらう、などです。

改善を申し出るときのいい方は…

「業務量が多く私一人では対処できません。例えばこの仕事は○○部署が担当かと存じます。この機会に本来の場所へ仕事を戻せないでしょうか?」

……といった感じで言います。

引継ぎの途中で申し出れば、別の部署に仕事を戻しやすくなります。

「後任1人ではとても手が回らないから、この仕事はそっちでやってくれ」

といった具合に。

「無理だ。断ろう」の前に改善を考える

「この仕事の後任は無理だ。早めに断ろう」と思う前に、少しだけ改善も考えてみてください。

改善する余地があるのなら、上司に相談するのも手です。

「できません」と断るよりも、「こうしてくれればできます」のほうが上司も助かります。

それに、発想が前向きなのも評価されるでしょう。

なのでぜひ、後任を断る前に改善できないか、考えてみてください。

きつい仕事は断ったほうがいい

きつい仕事は断ったほうがいい

引継ぎだけで「これはきついな」と感じる仕事は、断ったほうが無難です。

実際にその業務を行っていないのに、「きつい」と感じるなら、その仕事はあなたに合っていません。

もし引き受けてしまうと、間違いなく仕事がつらいものになります。

そのうち仕事に行くことが嫌になり、1日でも早く辞めたいと考えるでしょう。

なので、たとえ引き継ぎの途中でも…。

いや、引継ぎの途中だからこそ、きついと感じる仕事は断るべきです。

それがあなたのためでもあり、会社のためでもあります。

我慢してきつい仕事を引き継ぐと、後々ものすごくつらくなりますよ。

最後に

引継ぎの途中でも後任を断ることはできます。

ただし後任は業務命令ですから、断るにはそれ相応の理由が必要です。

なので、前任者の話をよく聞いて、何が無理なのかを説明できるようにしましょう。

そして断るにしろ辞めるにしろ、早めに会社へ伝えてください

出ないと、会社は2度引継ぎを行うことになります。

下手をすると前任者不在での引継ぎになる可能性もあるわけです。

こうなると会社に大きな迷惑をかけることになります。

迷惑を最低限に抑えるためにも、後任を辞退するときは早めに会社に伝えてください。

人気記事退職後の後任がいない!?そんなの関係ねぇ!

会社に依存しない人生を!
サラリーマン向け無料ブログ講座

わたしは、今あなたが読んだこのブログで、毎月10万円以上稼いでいる現役のサラリーマンです。

ブログのジャンルは転職や仕事の悩み。

つまり、毎日の仕事で感じた不満や悩み、仕事で得た経験をブログの記事にして、毎月10万円以上稼いでいます

この話を聞いてこう思いませんか?

「仕事のことを書くなら、わたしにもできそう」と。

 

今回ブログの基礎がわかる「サラリーマン向けブログ講座」を始めました。

なぜブログ講座を始めたのかというと、公式LINEの友達を増やしたいからです(笑)

この「サラリーマン向けブログ講座」では、ブログだけで2000万円以上稼いだ筆者が、ブログ運営に必要な知識を無料で配信

毎日送られてくる全11回の講座を読むだけで、何をどうすればいいのかがサクッと丸わかり。

始め方は簡単。
ぶのし公式LINEを友達登録するだけ。

「ブログ副業を始めたい!」

そう思ったらぜひチャレンジしましょう!
「始めたい」と思った今が、学ぶチャンスです!

>>>無料ブログ講座の詳細はこちら