フリーターは職歴にならない!?書き方ひとつで職歴にできる

フリーターは職歴にならない!?書き方ひとつで職歴になる

「フリーターは職歴にならない」

もしこれが事実なら、フリーターから正社員を目指すのは、かなり困難になります。

履歴書の職歴にアルバイトが書けません。

ということは、空白期間がいきなり長くなってしまうのです。

でも少しだけ考えてください。

「フリーターは職歴にならない」だけで、履歴書に書いてはいけないとは、誰も言っていないのです。

またフリーターは職歴になりにくいだけで、絶対にならないわけではないんですよ。

そこら辺をちょっとだけ詳しく説明しますね。

フリーターが職歴にならない理由

フリーターが職歴にならない理由

フリーター…というかアルバイトが職歴にならないのは、比較的簡単な仕事を行っているからです。

アルバイトの仕事は数日の教育で覚えられる程度のもの。

さらに難易度の高い仕事を教えてもらえることもありません。

つまり入社して数日と数年務めているアルバイトを比べても、大した差がないわけです。

だから職歴になりません。

働いていた証明にはなる

ただし、職歴にならないだけで働いていた証明にはなります。

例えば正社員をやめた後、次の仕事が見つかるまでの期間をアルバイトでつないだ場合。

アルバイトの期間を履歴書に書かなければ、丸まる空白期間になってしまいます。

空白期間が長ければ長いほど、就職では不利になるものです。

でもアルバイトを職歴として書けば、少なくとも働いていた証明になりますよね。

例えば1年の空白期間がある人と、1年間アルバイトをしていた人。

余白に「アルバイトをしながら転職活動を行う」とでも書けば、印象が大きく変わってきます。

つまり職歴にはならないけど働いていた証明にはなるわけです。

フリーターを職歴にする方法

フリーターを職歴にする方法

フリーターを職歴としてみてもらうには、仕事内容をきちんと書くことがポイントです。

例えば経験が必要なアルバイトをしていた場合は、その旨を必ず書きます。

リーダー的な立場でアルバイトをしていた場合も書いてください。

ただ「○○でアルバイト」と書けば、普通のアルバイトをしていたと判断されます。

これだとあまりにも勿体ないですよね。

ですが「○○でアルバイト。バイトリーダーとして新人の教育を担う」と書いたらどうでしょう。

あるいは「バイトリーダーとして、新人教育、シフト作成、面接の立ち合いなどを行う」と書いたら?

「責任のある仕事を任されていたんだな」と思いますよね。

フリーターを職歴としてみてもらうには、どんな仕事を行っていたのかをきちんと書いてください。

提出先によってはかけないことも……

履歴書の提出先によっては、フリーターなど非正規の仕事を書くな、ということもあります。

この場合はどうしようもないので、フリーターを職歴に書くのはやめましょう。

まとめ

フリーターは職歴になりません。

ですがアピールするべきところをきちんとアピールすれば、職歴としてみてもらえます。

なのでただ「アルバイト」と書くのではなく、どんな仕事を任されていたのかを明確に書いてください。

もちろん、誰でもできる仕事を書いても意味はありません。

「レジ打ちに従事」と書いても、「ふ~ん」と思われるだけです。

つまり職歴としてみてもらうには、ある程度責任のある仕事を任されていることが、最低条件になります。

それさえ満たせば、フリーターでも職歴としてみてもらえるでしょう。

人気記事28歳職歴なし、ずっとフリーターだった私があっさり就職できた就活の方法