喧嘩退職は転職に不利かって?当然デメリットしかありません

喧嘩退職は転職に不利かって?当然デメリットしかありません

どうにも我慢できず、喧嘩をして退職してしまった。

転職活動をどう進めればいいんだろう…。

喧嘩退職をした後に気になるのは、転職で不利になるかどうか、ですよね。

結論を先に言えば、前職調査を行う会社(大企業や金融関係など)を転職先に選ぶと、がっつり不利になります。

というか、喧嘩退職がばれてしまい採用されません。

無断で前職調査が行われることはありません。

必ず本人の同意が必要です。

とはいえ断ったら断ったで、やっぱり採用されませんよね。

それ以外の企業であれば、不利になることはないでしょう。

というよりも、自分から告白しない限り喧嘩して退職したなんて、わかりませんから。

ただそれも、素直に退職できたらの話です。

もし退職する前に懲戒処分を受けたら、間違いなく転職で不利になります。

喧嘩で処罰されることもある

喧嘩で処罰されることもある

喧嘩退職で心配なのが、元の会社で懲戒処分をされることです。

というのも普通の会社であれば、「職場の風紀を乱す行為は処罰する」と社内規定に必ず書いてあります。

喧嘩はまさに職場の風紀を乱す行為ですよね。

しかも喧嘩の勢いそのままに「やめてやらあぁ!!!」とか怒鳴って退職したら、職場の雰囲気は最悪になります。

いうまでもなく処罰の対象になるわけです。

どの程度処罰されるかは喧嘩の度合いとあなたの態度にもよります。

頻繁に怒鳴る、暴れるなどの問題を起こしていれば、懲戒解雇もあり得るでしょう。

そうでなくても、訓告や戒告などの処分を受ける可能性があります。

もし懲戒処分を受けてしまうと、転職で不利になるのは想像できるはずです。

退職手続きで嫌がらせを受けることがある

退職手続きで嫌がらせを受けることがある

退職の手続きで嫌がらせを受けることもあります。

といっても違法行為なので、表立ってやる会社は滅多にありません。

ただし、故意ではないように見せつつ、処理を遅らせる嫌がらせはあるようです。

例えば……

  • 離職票の発行が遅れる
  • 源泉徴収票がなかなか送られてこない
  • 社会保険の手続きが進まない

……などです。

何度も催促を入れないと処理をしてもらえないとか。

いつ連絡しても担当者不在でなかなか対応してもらえないとか。

違法かどうかギリギリのラインで嫌がらせをすることはできます。

まぁ普通の会社はこんな違法行為はしません。

ただ、嫌がらせとしてやってくる会社もありますのでご注意を。

退職理由で喧嘩を告白する必要はない

退職理由で喧嘩を告白する必要はない

念のため最初に言いますが、退職理由で「上司と喧嘩をして辞めました」と、いう必要はありません。

というか、そんなことを言ったら一発で不採用です。

職場で喧嘩する人を採用する会社はありません。

どんなにブラックな企業だとしても、喧嘩する人はお断りするはずです。

なぜなら喧嘩をする人=職場の風紀を乱す人だから。

なので退職理由で「喧嘩退職」を告白すると、間違いなく不採用になります。

退職理由を正直に話す必要はありません。

喧嘩とはかけ離れていて、なおかつ採用担当者が納得する退職理由を考えておきましょう。

営業などの仕事はできるだけ避ける

営業などの仕事はできるだけ避ける

喧嘩退職した次の転職先で、営業のように頻繁に人と会う仕事はできるだけ避けましょう。

お店などのサービス業も同じです。

というのも、どこで元同僚に会うかわからないからです。

意外と世間は狭いもので、居場所がばれるとうわさも一緒に広がります。

つまり新しい職場で、「あの人前の仕事を喧嘩して辞めたらしいよ」といううわさが流れる、という意味です。

「別に気にしないからいいよ」

と思っても、周りが気にします。

おそらく一瞬のうちに居心地の悪い職場になってしまうでしょう。

下手をすればまた転職しなければいけないかもしれません。

世間は意外と狭く、身バレは思わぬところからするものです。

なので営業や店員のように、頻繁に人と会う仕事は避けたほうがいいでしょう。

喧嘩退職に良いことはひとつもない

結論を言えば、喧嘩退職にメリットはひとつもありません。

デメリットならたくさんあります。

  • 前職に遺恨を残す
  • 下手をすれば恨みを買う
  • 今後の仕事にも支障が出る
  • 転職活動にも影響がある
  • 懲戒処分されたら最悪

というか、デメリットしかありません。

しかも喧嘩退職してしまうと、関係を修復する機会すら失ってしまいます。

つまり喧嘩退職にメリットはひとつもないのです。

まとめ

今回は以上です。

喧嘩退職は転職で不利になります。

  • 喧嘩で処罰される可能性がある
  • 退職書類がもらえないかもしれない
  • 職種を選ばないといけなくなる
  • ばれると新しい職場を追われるきっかけにもなる

いえ、転職で不利になるだけではなく、その後の仕事全般で不利になるでしょう。

もし喧嘩退職してしまったのなら、二度と繰り返さないようにしてください。

喧嘩退職は、自分で自分の未来をつぶすようなものですから。

人気記事職場で喧嘩して退職しないこと!