40代で夜勤はきつい!解決策はよく寝るか転職する!

40代で夜勤はきつい!解決策はよく寝るか転職する!

夜勤は本当にきつい。

40代で夜勤となると、若いころとは比べ物にならないくらいきついです。

肉体的な衰え…?

というよりも、しっかり寝ないと疲れが取れないというか。

若いころのように、踏ん張りがきかないというか。

とにかく40代で夜勤はきついんですよ。

ということで、この記事ではつらい夜勤を乗り切る解決策を紹介します。

つらい夜勤を乗り切る解決策

つらい夜勤を乗り切る解決策

40代でつらい夜勤を乗り切るには、体調管理をしっかりとすることが大切です。

特に重要なのが睡眠。

夜勤だと昼間寝るしかありません。

ですが昼間は何かとうるさく、そして明るいため熟睡しづらいんですよね。

なので、まずは昼間でもぐっすり眠れる環境を作りましょう。

昼間でもぐっすり眠れる環境を作る

昼間でもぐっすり眠るには、夜に近い環境を作ることがポイント。

つまり…

  • 部屋をできるだけ暗くする
  • 静かに眠れる環境を作る

…この2つが大切です。

部屋はできるだけ暗くする

まずは部屋をできるだけ暗くします。

この時役に立つのが遮光カーテンです。

遮光カーテンは生地に黒い糸を織り込んで繊維の密度を高め、光を遮断しやすくなっているもの。

等級の高い遮光カーテンを選べば、昼間でも十分暗くすることができます。

部屋を暗くするのはかなり重要なポイント。

なので、できるだけ良い遮光カーテンを買ってくださいね。

騒音を遮り静かな環境を作る

昼間寝るとき一番邪魔で、とにかくイライラさせられるのが騒音です。

といっても、普通の人は昼間活動して当たり前。

なので「うるせー!」と、どなることはできません。

じゃぁどうやって静かな環境を手に入れるのかというと…。

耳栓を使います!

寝るときに耳栓をすると気になる。

という方は、安眠を誘うヒーリング音楽を流してもいいですよね。

音楽を流すと騒音が気にならなくなります。

あとは壁に防音加工を……は、工賃が高いので、代わりに毛布を窓や壁全面に張っても防音効果がありますよ。

ただ片付けが大変なので、耳栓かヒーリング音楽を試してください。

体調を管理する

つらい夜勤を乗り切るためには、体調管理はとても大切なポイントです。

適度な運動にきちんとした食事をとる。

夜勤の前は仮眠をとっておくなどして、常に体調に気を使いましょう。

休日はしっかり運動をする

40代になると運動がすごく大切になります。

というのも、まったく運動をしないでいると、体がどんどん衰えていくからです。

この衰え方は間違いなく年齢が原因。

だからこそ、適度に運動をすることが大切。

とはいうものの……夜勤の前に激しい運動をすると体がもちません。

なので、運動するのは休日限定にするのがおすすめ。

しっかりと運動をすることで、ストレスを発散する効果もありますよ。

夜勤の食事は胃に優しいものにする

夜勤で食べる食事は、胃にやさしいものを選びましょう。

これも年齢に関係しますが、40代になると胃腸が弱り始めます。

個人差はあると思いますが、脂っこいものとかが食べられなくなってくるんですよね。

もし夜勤で脂っこいものや甘ったるいスイーツを食べた日には…。

胃がもたれて大変なことになります。

夜勤で食べるものは、サラダなどの野菜や、スパゲッティなどの消化の良いものにしましょう。

日勤への転職がおすすめ

日勤の仕事に転職する

40代で夜勤がつらいと感じるなら、日勤の仕事への転職をおすすめします。

というもの40代に入ると、どんどん無理がきかなくなってきます。

いうことを聞かない体に鞭打って働いても、待っているのはボロボロになった肉体と精神だけ。

できれば年相応の働き方を選ぶべきです。

昼間動ける分転職活動はやりやすい

幸い……かどうかわかりませんが、夜勤だと転職活動がやりやすくなります。

というのも、昼間自由に動けるからです。

まぁ、睡眠時間は削らないといけません。

面接などの予定を入れると、不規則な生活になる可能性もあります。

ですが昼間転職活動ができるのは、間違いなくメリットです。

スキルが活かせる仕事を選ぶ

40代という年齢を考えると、今まで培ったスキルや経験が生かせる仕事を探すべきでしょう。

というのも40代は求人が極端に少ないんです。

なので、新しいことにチャレンジしたり、ほかの業界への転職をしたりするのは結構厳しい。

それこそ働き口がないくらい厳しいのです。

夜勤でつらい思いをしているのに、転職でもつらい思いをする必要はありません。

40代という年齢を考えても、スキルや経験が生かせる仕事を探しましょう。

夜勤のある仕事は避ける

当たり前の話ですが、夜勤のある仕事は絶対に避けてください。

夜勤がつらいから転職するのに、夜勤のある仕事を選んだら、何の意味もありませんよね。

たまに夜勤がある仕事だとしても、夜勤があるなら候補から外すべきです。

つらい仕事を好き好んで続ける必要はありません。

転職エージェントを利用する

40代で転職するなら、転職エージェントの利用をおすすめします。

というのも40代は求人がめちゃくちゃ少ない。

世間では40代でも転職できるようなことを言っていますが、実際は全然違います。

ニュースなどを見ても、いろいろなところで40代以上を対象にした早期退職が行われていますよね。

あれって、40代以上は経費が掛かりすぎるから行われているんですよ。

つまり40代以上を欲しがっている会社は少ない、ってことです。

なので40代を対象にした求人を見つけることがすでに難しい。

あったとしても給与は大卒の新入社員レベルです。

こういった事態を避けるためにも、転職エージェントを利用してください。

転職エージェントを利用する企業は、お金をかけてでも人を採用したいと思っています。

なので、その辺に出ている求人よりも給与がいいんですよ。

しかも転職エージェントは、無料で転職をサポートしてくれます。

それこそ求人の紹介から面接の段取り、内定後の給与交渉までやってくれるんです。

40代の転職で転職エージェントを利用しないのは、転職で失敗したいと言っているようなもの。

悪いことは言いません、相談だけでもいいので転職エージェントを頼ってください。

がっつり給与が下がってから頼っても、どうにもなりませんから。

リクルートエージェント

まとめ

40代で夜勤は間違いなくきついです。

というのも、40代は肉体的に衰え始める年代。

普段運動をしていないと、それこそ坂を転げ落ちるように衰えていきます。

つらい夜勤を乗り越えるには……

  • よく眠る
  • 体調を管理する

……ことが大切です。

わたしのおすすめは、日勤の仕事に転職すること。

40代は肉体的に衰え始める年代。

これから先も衰えていくのに、つらい夜勤の仕事を続けたらどうなってしまうのでしょうか。

体をいたわる意味でも、いつまでも元気に働くためにも、日勤への転職をお勧めします。

無理をして体を壊したら、元も子もありませんから。

人気記事工場の夜勤は辛い。向いていないのなら辞めた方が良い