仕事の能力不足で限界!?能力差ができる理由と解決方法

仕事の能力不足で限界!?能力差ができる理由と解決方法

  • 仕事の能力不足で限界を感じる
  • 能力不足でクビになるのが怖い
  • 能力差ができる理由を知りたい

という悩みに答えます。

仕事で能力不足を感じると、努力して埋めようと思うもの。

ですが自分の能力の限界を感じると、どうしていいのかわからなくなりますよね。

結論を言えば、能力不足で限界を感じても努力はするべきです。

なぜなら諦めたらそこで成長も止まってしまうから。

成長が止まってしまったら、同じレベルの仕事ができなくなるからです。

これは転職する場合も同じ。

あきらめた人より努力している人を採用したい、と企業も考えます。

なので、仕事で能力不足を感じ、限界だと思ってもあきらめないでください。

この記事では、仕事の能力不足について客観的な視点から考え方を書いています。

最後まで読めば、現状打破のきっかけが見つかりますよ。

能力不足でクビになる!?

能力不足でクビになることは、めったにありません。

とはいえほかの社員と比べてどうしようもないほど能力が不足しているなら、クビになることがあります。

また、常識…というか法律を知らないブラックな企業でも、能力不足でクビになることがあります。

ただし、能力不足でクビにする場合、客観的に見て正当な理由がない限り、不当解雇に当たるようです。

つまり、本当にどうしようもないくらい能力が不足していなければ、クビにはならない。

能力不足でクビになることは、めったにないんです。

参考:能力不足の従業員を解雇する前に確認しておきたいチェックポイント!

安心しましたか?

では、なぜ仕事で能力差がつくのかを、考えていきましょう。

仕事で能力差がつく理由

能力不足といわれるほど、仕事で能力差がつくのには5つの不足があります。

  • 考える力不足
  • コミュニケーション能力不足
  • 知識や技術の不足
  • ビジネスマナーの不足
  • 人間力の不足

一言でいえば、仕事に取り組む姿勢に差があるわけです。

ひとつずつ説明しますね。

考える力

能力が不足している人は、考える力が欠けています。

なぜなら仕事で目標を達成するためには、「どうすればいいのか」を考えないといけないからです。

  • 目標を達成するための行動方針を、上司や同僚にゆだねていませんか?
  • 自ら行動するべき場面で、指示待ちになっていませんか?

この2つに該当する人は、どう行動すればいいのかを考えていません。

だから自分の行動を他人にゆだねてしまうのです。

仕事で結果を出すには「どうすればいいのか」を考えないといけません。

この、考える力が不足していると、能力に大きな差がついてしまいます。

コミュニケーション能力

コミュニケーション能力が欠けていると、仕事を進めにくくなります。

なぜなら人間関係がうまくいかず、上司や同僚ともめることが多いからです。

良好な人間関係は、仕事をスムーズに進めるために必須。

なので、上司や同僚と頻繁にもめるような関係は問題外です。

能力が不足している人は、人間関係もぎくしゃくしがち。

結果として仕事がスムーズに進まなくなります。

コミュニケーション能力が欠けていると、仕事を進めにくくなってしまうのです。

知識や技術

仕事に対する知識や技術がない人は、間違いなく能力不足です。

なぜなら知識や技術がなければ、仕事を任せることすらできないからです。

例えば事務仕事をするにしても、ワードやエクセル、パワーポイントの技術は必須。

さらに取り扱う商品や取引先についての知識も必要ですよね。

つまり知識や技術があるからこそ、仕事もスムーズに進むわけです。

なのに、仕事に対する知識や技術がなければ、能力不足と言われても仕方がありません。

ビジネスマナー

ビジネスマナーは社会人なら必須のスキルです。

なぜならビジネスマナーのない人は論外とされ、話すら聞いてもらえません。

それほど大切であり、基礎でもあるビジネスマナーは、いたるところで学べます。

学校の授業でもやりますし、新入社員教育でも必須科目です。

なのに、ビジネスマナーが身についていなければ、能力不足以前に問題外だといわれるでしょう。

つまりビジネスマナーは、社会人なら必須のスキルなんです。

人間力

最後は人間力です。

人間力とは自分から勉強する姿勢、コツコツ継続して取り組む精神的な強さや打たれ強さなどです。

この人間力が不足していると、能力も不足します。

  • つらいからとすぐに辞めてしまう
  • 面倒だからと勉強しない
  • 疲れたからと手を抜く

こういった働き方をする人は人間力が育ちません。

つまり仕事で能力に差がつく根本的な理由は、人間力にあるわけです。

能力差を埋める方法

先ほど紹介した5つのうち、不足している能力はどれかを考えましょう。

  • 考える力不足
  • コミュニケーション能力不足
  • 知識や技術の不足
  • ビジネスマナーの不足
  • 人間力の不足

不足している能力がわかったら、あとは上げる努力をするだけです。

考える力を上げる方法

考える力を上げるには、常に自分の頭で考える努力をしてください。

というのも考える力は、自分の頭で考えないと身につかないからです。

たとえで仕事の進め方ひとつとっても、

  • どうやったら効率化できるか
  • 無駄な作業はないか
  • 段取りはどうやってとればいいのか

と、考えることはたくさんあります。

まずは自分の頭で考えてみること。

これを意識するだけで、考える力が身についていきます。

コミュニケーション能力を高める方法

コミュニケーション能力は、人から教わるか本を読んだほうが早く身に付きます。

というのも、コミュケーション能力が不足している人が、自力で身に着けられる能力ではないからです。

おすすめは

仕事で必要な「本当のコミュニケーション能力」はどう身につければいいのか?

です。

多くの人が知らない「コミュニケーションがうまくいく暗黙のルール」にも触れているので、とても参考になります。

知識や技術を身に着ける方法

知識や技術を身に着けるには、真剣に仕事に取組み、努力し続けるしかありません。

なぜなら仕事に必要な知識や技術は、仕事で身につけるしかないからです。

もちろん仕事に関連する本を読むのも効果があります。

ですが本当に必要な知識や技術は、現場…というか職場にしかありません。

つまり仕事に真剣に取り組み、努力し続けるしか、身に着ける方法がないのです。

ビジネスマナーを身に着ける方法

ビジネスマナーは本から学びましょう。

そして学んだことを職場で実践してください。

これでインプットとアウトプットを繰り返すことができます。

するとどんどんビジネスマナーが身につくはずです。

私が参考にした本は「入社1年目ビジネスマナーの教科書」です。

入社1年目向けの本なんて恥ずかしい?

そう思いますよね。

ですがビジネスマナーが身についていないほうがよっぽど恥ずかしいはずです。

それに本なら、自宅でだれにも知られずに読むことができます。

ビジネスマナーは本から学び、職場で実践して身に着けるのが近道です。

人間力を高める方法

人間力を高める方法は、仕事で目標を決めて、それを達成するために愚直に努力することです。

コツコツと努力を継続すれば、自然と人間力が高まっていきます。

ほかに注意することは4つ。

  • 人のせいにしない
  • 悪口を言わない
  • 嘘をつかない
  • 約束を守る

仕事ができる人も、根っこの部分で大切にしているのはこの4つだったりします。

まずは仕事で目標を決めて、達成するための努力をしましょう。

コツコツと努力し続ければ、自然と人間力が高まっていきますよ。

仕事のストレスで限界になると出る症状

さて、最後に仕事でストレスがたまり、限界に達すると現れる症状です。

  • 頭痛がとれない
  • 眠れない
  • 吐き気がする
  • 疲れが取れない
  • 聴覚過敏になる
  • 食欲がない
  • 食べ過ぎてしまう
  • 些細なことでイライラする
  • 笑えなくなる

これらの症状は、体と心が「限界だよ」と、あなたに伝えるサインです。

なので、サインが現れたら少し仕事を休みましょう。

そしてストレスを発散し、リフレッシュすることが大切です。

もっと詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

職場のストレスで限界!というあなたに伝えたいこと

最後に

仕事の能力不足で限界を感じた時の対処法について紹介しました。

能力が不足するのは仕方がないことです。

ですが、能力不足をわかっていて放置してはいけません。

なぜなら能力不足を放置すると、それ以上成長できなくなるからです。

とはいえ差が埋まらずその職場にいるのがつらいのなら、転職も視野に入れるべきです。

1つの会社で働き続けないといけない、というルールはありませんから。

人気記事仕事が能力不足でつらい30代の対処法