30代で初めての転職!成功するためのポイント

初めての転職では、求人の探し方や応募書類の書き方、面接対策など、分からないことが沢山出てきます。
30代ともなれば「転職は厳しいのでは?」と、不安を感じる方も居るでしょう。

この記事では30代で初めて転職する方に向けて、30代に求められるものや求人の探し方などを紹介しています。

30代に求められるもの

企業が30代の転職者に求めているのは、戦力になる専門性と経験です。
専門性とは「法人営業、新規開拓営業」などを指し、経験は「チームリーダー、商品企画」などを指します。

まず30代前半は職種に関する専門性が求められます。
なぜなら20代で行う仕事は職種に基づいていることが多く、専門性が一番身につきやすいからです。

そして30代後半から専門性にプラスして経験が求められるようになります。
これは主任やチームリーダー、企画の立ち上げなどを30代前半で経験するからです。

よく言われる即戦力も、専門性と経験が関係しています。

つまり30代前半では専門性が高いほど戦力として期待でき、30代後半では経験が豊富なほど、戦力として期待できるのです。

そのため30代の転職者は、戦力となる専門性と経験が求められます。

未経験の転職はできるのか

30代でも未経験で転職することはできます。
できますが…相当厳しいことも確かです。

完全に未経験で、その仕事に就くための努力もせず、「働きながら覚えます」という姿勢では、まず採用されることはありません。

たとえ未経験の仕事でも、知識を得るために勉強をしたり、資格を取得する。
関連する仕事の手伝いをしたり、現在の職種で学べることを積極的に学ぶ。

こういった努力を積み重ねた上で目指すのであれば、未経験でも採用される可能性がでてきます。

アピールポイントの考え方

30代での転職は、自分の専門性や経験を、企業のニーズに沿ってアピールすることが大切です。
当たり前の話ですが、経理経験者を求めている企業に、営業経験をアピールしても採用されません。

まずこれまでの仕事の中で、転職先で生かせることは何かを考えましょう。
生かせることが見つかったら、今までの実績などを、数字を踏まえて伝えるようにしてください。

数字が入ることで相手もイメージしやすくなり、自分の実力を理解してもらいやすくなります。

また、その仕事に就くために努力していることを伝えると、より効果的です。

30代の転職で注意すること

30代の転職で注意することがいくつかあります。

自己評価を甘くしない

「職場を変えればもっと活躍できる」「上司の評価に納得できない」など、評価への不満で退職しないこと。
なぜなら自己評価が甘くなり、身の丈に合っていない求人ばかり選んでしまうからです。

身の丈に合わない求人では採用されるはずもなく、無駄に転職活動が長引く結果になります。

給与が下がることもある

転職では給与が下がることも覚悟してください。
とくに今役職に就いている方や、未経験分野へチャレンジした方は、下がることが多いようです。

あとで慌てないように、生活に必要な金額を事前に計算しておくことも大切です。

退職の準備をしておく

内定が出たら、入社日までに今の会社を辞めないといけません。
ですが「強い引き止めに合った」「引継ぎが終わらない」などの理由で退職できず、内定を取り消される方がいるのも事実です。

まず社内規定を確認し、退職日の何日前までに伝えればいいのかを把握してください。
つぎに退職日から逆算して、引継ぎなどのスケジュールを立てます。

理想は常日頃から、自分がいなくても仕事内容が分かるようにすること。
書類の保管場所や保管方法、フォルダの名前や中に入れるファイルなどを、誰が見てもわかるように管理すると、引継ぎも楽になります。
また常に数人で仕事を進めれば、突然辞めても困ることはなくなります。

転職活動の進め方

ここでは具体的な転職活動の進め方を紹介します。

在職中に転職活動を行う

転職活動は生活費や、活動が長引いた場合を考え、在職中に行うことが基本です。
転職活動を行ううちに、「辞めない方がいい」という結論に達することもあります。

仕事を辞めてしまうと「焦り」や「不安」が生まれやすくなりますから、特別な理由がない限り、在職中に転職活動を行いましょう。

社内規定を確認する

社内規定の退職に関する規定は必ず確認してください。

とくに有休を消化して退職する場合は、引継ぎ+有休期間を計算して、退職届を提出しないといけません。

退職日の何日前までに退職届けを提出するのか。
専用のフォームはあるのか、ということも、確認しておきましょう。

求人を探す

ハローワークや転職サイトなど、求人を掲載している媒体によって、扱っている求人の種類が違ってきます。
扱っている求人を理解して、自分に合った求人を探しましょう。

ハローワーク

ハローワークは無料で求人が掲載できる公共機関です。
転職や就職を考えている方が、必ずと言っていいほど利用する機関でもあります。

ハローワークに掲載される求人には、次の特徴があります。

  • 取扱数がすごく多い
  • 地元に根付いた企業の求人がある
  • 大量に人材を募集する求人がある
  • なんとなく掲載している企業がある
  • ブラック企業の求人が紛れ込んでいる

求人の数が多いため「目的の求人が探しにくい」というデメリットもあります。

転職サイト

転職サイトは企業が掲載料を支払っているため、本気で人を採用したい求人が集まっています。
求人の情報を多く掲載できること。
全国の転職希望者に向けて情報を発信できることもメリットです。

そのため転職サイトに掲載される求人には、次の特徴があります。

  • 取扱数が多い
  • 大量に人材を募集する求人がある
  • 本気で採用を考えている求人が多い
  • ブラック企業が紛れ込んでいる

求人の情報量が多く、仕事内容や社風などが理解しやすいのも特徴です。

転職エージェント

転職エージェントは、応募者が採用されると報酬が貰えるビジネスモデルです。
報酬額は応募者の年収の30%程度と、かなり高め。
そのため、ほかの媒体には出ない、ピンポイントでほしい人材を募集する求人(非公開求人)が多く集まります。

転職エージェントにある求人には、次の特徴があります。

  • 専門的な知識と経験を求める求人
  • 管理職として即戦力を求める求人
  • ほかの媒体では採用できない企業の求人

企業がピンポイントでほしい人材を募集することが多いため、年収も高めの求人もあります。

ただし離職率が以上に高く、人がなかなか集まらない場合でも、転職エージェントを利用するケースがあるので、注意が必要です。

[余談]ブラック企業の求人はどこにでもある

転職をするとき、絶対に避けたいのがブラック企業ですよね。
でも残念なことに、ブラック企業の求人は、どの媒体にも存在します。

ハローワークは無料で掲載できるので、ブラック企業の求人が紛れ込んでも仕方がありません。
転職サイトや転職エージェントは、お金を払えば掲載できますから、ブラック企業が掲載されるのは当然のことなんです。

なので、求人媒体を選んでも、ブラック企業を避けることはできないと、思ってください。

転職エージェントは利用するべきか

結論を言えば転職エージェントとは利用するべきです。
なぜなら転職エージェントは求人紹介だけじゃなく、履歴書や職務経歴書の添削、面接対策など、様々な面でサポートが受けられるからです。

ただし転職エージェントも商売ですから、任せきりにするのは危険です。
もしやたらと結論を急がせたり、希望と違う求人ばかりを紹介するようなら、担当を変えてもらいましょう。
担当が変えられないのなら、別の転職エージェントを利用してもいいですよね。

最後に

30代の転職では戦力となる人材を採用するために、専門性と経験が求められます。
そして専門性や経験が企業のニーズと合致すれば、内定をもらうことは難しくありません。

そのためには、自分のことを正しく理解し、企業のニーズをきちんと把握することが大切です。

面倒な登録が不要の転職アプリ

次のような悩みを感じていませんか?

  • すぐ転職するわけじゃないが情報が欲しい
  • 転職を考えているが活動する時間がない
  • 仕事がつらくて、できれば辞めたいと思う
  • 転職エージェントに登録するのは抵抗がある

こういった悩みを抱えている方に紹介したいのが、ジョブクルの転職アプリ。
その理由は次の6つの特徴があるからです。

  • 面倒な登録が不要
  • 完全無料
  • チャットで転職コンシェルジュに相談できる
  • 電話や面談をする必要がない
  • 退職や転職に関する相談なら何でもOK
  • 転職エージェントと遜色のないサービスが受けられる

ぼくも転職エージェントを利用したことがありますが、電話で話したり面談で会うことが意外と億劫なんです。

「無理に勧められそう」とか「断られたらいやだな」と言う不安も感じます。
それにちょっと相談したいだけで、本当に登録していいのかどうかも悩みますよね。

そんな不安を全て取り除き、気軽に転職のプロに相談できるのがジョブクルの転職アプリです。

ぼくも実際に使ってみましたがかなり具合がいい。
なによりチャットで転職のプロに、気軽に相談できるところがすごく気に入っています。
しかもサービスの内容は、転職エージェントと比べても大きな違いはありません。

気軽に相談できてしかも親切に対応してもらえる。
インターフェイスの使い勝手に少し不満はありますが、電話をする必要も、会いに行く必要もないのは大きなメリットです。
退職や転職で悩んでいる方にこそ、使ってほしいアプリです。

ダウンロード