普通の30代サラリーマンにおすすめの転職エージェント2選

普通の30代サラリーマンにおすすめの転職エージェント2選

「特別なスキルはないけど転職したい。30代のサラリーマンにおすすめの転職エージェントを教えてほしい。」

こういった疑問に答えます。

この記事を書いているぼくは、今までに4回転職し年収800万円までたどり着きました。

この記事はぼくの実体験を踏まえて書いていますから、きっと参考になるはず!

3分ほどで読めますから、ぜひ最後までお付き合いください。

普通の30代サラリーマンにおすすめの転職エージェント2選

結論を言ってしまえばどこに登録しても大差ありません。

なので、大手を中心に登録しておけば十分です。

おすすめの転職エージェント2選

リクルートエージェント|業界最大手

業界最大手のリクルートエージェントは必ず登録してください。

なぜなら扱っている求人数がほかの転職エージェントと比べても段違いに多い!
取扱求人数が2万~3万件の転職エージェントが多いのに対し、リクルートエージェントは30万件以上の求人を持っています。

情報量に決定的な差がありますから、最低限リクルートエージェントは登録しましょう。

doda|丁寧なサポートが評判

リクルートエージェントと1.2を争う転職エージェント。

いろいろなサイトの評判を見ると、担当者の当たりはずれが少ないのが特徴だとわかります。
しかも職務経歴書や面接などの転職対策で、圧倒的に高い評価を受けているようです。

ただ質の低い求人があったり、業界特有の知識に疎かったりと、提案力は低いのかな…。

とはいえ総合力にはリクルートエージェントに匹敵しますし、何より担当者の当たり外れが少ないことは嬉しい限りです。

転職は企業と転職者のニーズで決まる

転職は企業と転職者のニーズを一致させる場、つまりマッチングの場です。

転職者が「いい会社だ」と思っても、企業が「必要ない」といえば採用されません。
逆に企業が「ほしい人材だ」と思っても、転職者が「この会社は嫌だ」と思えば採用できませんよね。

つまり、転職は企業と転職者のニーズを一致させるマッチングの場なのです。

求人数が多いほど成功しやすい

転職はマッチングの場ですから、扱っている求人数が多いほど成功しやすくなります。

この辺は恋愛と一緒ですね。

1人しか異性がいなければ、選ぶことができませんよね。
たとえ嫌だと思ってもその人を選ぶか、恋愛をあきらめるしかなくなってしまいます。

ですが大勢の異性と出会う場があれば、相性や将来性などを比べながら選ぶことができます。

つまり転職でも選択できる求人数が多いほど、成功しやすくなるのです。

「採用されたから」で企業を選ぶのは大間違い

転職でありがちな罠が「採用されたからこの会社に行く」という行動です。

なぜなら「採用された」という理由で転職先を選ぶと、間違いなく後で苦労するから。

実際にぼくはなかなか仕事が決まらず、やっと採用された会社に即決で転職して大失敗しました。

簡単に言えば人間関係で失敗し、仕事もやらせてもらえなくなり、精神的にギリギリのところまで追い詰められたのです。

だからこそはっきり言えます。

「採用されたから」で企業を選ぶと、間違いなく後で苦労します。

企業を選ぶのは自分自身

企業を選ぶのはあなた自身だということを忘れないでください。

なぜなら転職とは企業と転職者のマッチングの場。
つまり、お互いに選ぶ立場にあるからです。

「企業に選んでもらう」ために努力すると同時に、あなた自身も「企業を選ぶ」ことが大切。

そのためには、媚を売ったり嘘をついたり、嫌われないように言葉を選んだりしてはダメです。

どうしても譲れない価値観はしっかりと確認すること。

そのうえでマッチした企業があれば、入社後も仕事がやりやすくなります。

忘れないでください。
最終的に企業を選ぶのはあなた自身です。

よくある質問:30代で未経験の転職はできますか?

答えは「職種によっては可能」です。

ぼく自身30代で営業から未経験の経理に転職しています。

なので30代で未経験の転職は不可能じゃありません。

ですが、年齢が高くなるほど厳しくなるのは覚悟してください。

年齢がネックになる

30代未経験の転職でネックになるのは、ずばり「年齢」です。

はっきり言えば30歳よりも35歳のほうが、未経験の転職が厳しくなります。

実際に年齢が高くなるほど、未経験を募集する求人が減ってしまうのです。

つまり30代未経験の転職は時間との勝負だとも言えます。

完全未経験は厳しい

全く何もやったことのない仕事へ、完全に未経験の状態で転職するのはほぼ不可能です。

新卒なら完全に未経験でもいいんですけどね。
30代で新卒と同じ状態だと…説明するまでもなく企業が欲しがりません。

なので在職中に最低限のスキルは身に着けてください。

やり方はいろいろあります。
他の部署の仕事を手伝うとか、社内転職(異動)を希望するとか、セミナーに参加するとか、副業で経験するとかです。

「何も知りませんが働かせてください!」

こんな甘い考えが通用するほど平和な世の中じゃありません。

未経験なら未経験なりに、努力することが大切です。

会社を辞める前の行動が大切

何事にも言えることですが、実際に行動しないと何も変わりません。

よくある考え方で「仕事を辞めてから考えればいいや」というのがありますが、これが一番最悪なパターンです。

仕事を辞めてしまえば収入が0円になります。
収入が0円になれば、時間とともに貯金も減っていき、精神的に追い詰められるでしょう。

そして焦るあまり適当な仕事についてしまい、働きだしてから後悔するのがオチです。
というか、ぼくがこのパターンで大いに後悔しました。

在職中に転職活動を始める

よい転職をするには、少しだけ歯を食いしばることも大切。

今すぐ仕事を辞めたいと思うかもしれませんが、少しだけ我慢して在職中に転職活動を始めてください。

在職中に転職活動を始めれば、「自分の市場価値」や「不足しているスキル」を知ることができます。

つまり給与をもらいながら、より良い転職を実現するための対策が打てるのです。

まずは転職エージェントに登録

より良い転職を実現するには、今すぐに行動することが大切。

まずはこの記事で紹介した転職エージェントに登録し、転職活動を始めましょう。

転職エージェントに登録してしまえば、あとは送られてくる案件の中から興味のあるものに応募するだけです。

どの転職エージェントも登録は5分ほどで終わりますから、この機会にまずは行動してみましょう。

リクルートエージェント|業界最大手なので案件が豊富。必ず登録するべき転職エージェント。

doda|リクルートエージェントと1.2を争う丁寧なサポートが評判の転職エージェント。