働く理由と仕事の目的

働く理由と仕事の目的

働く理由と仕事の目的は同じものでしょうか。
実は働く理由と仕事の目的は、同じもののようで、実は違うものです。

この記事では、働く理由と仕事の目的について考えています。

何のために働くのか、何のための仕事なのかと悩んだとき、参考にしていただければ幸いです。

おすすめ記事:「何のために働いているのか」と思うなら、環境を変えるべき

働く理由

働く理由はお金を稼ぎ、生活を豊かにするためです。

そう断言すると、「金のために働くのか」と言われそうですが、その通りです。
お金がもらえなければ働きません。

もちろん「自立するため」「社会貢献のため」など、人によって色々な働く理由があるのはわかります。
ですが働く理由の根本的な部分には、必ず「お金」があるものです。

これは、自分でお金を稼いで生活をしている方なら、ほぼ全員がお金のために働いていると言えるでしょう。
なぜならお金を稼がなければ生活ができない、生きていけないからです。

それを裏付けるのが、勝手にランキングの「働くのは何故?生きていくためとの回答多数!」と言う記事。
こちらのアンケート結果では、1位~3位がお金に関わる解答になっています。

  • 1位 生活をしていく(生きていく)ため――82.4%
  • 2位 家族を養うため――46.7%
  • 3位 趣味や自由に使えるお金を手に入れるため――39.2%
  • 4位 自分を成長させるため――26.7%
  • 5位 人生の大変さを身につけるため――12.3%

つまり「自立」や「経験を積む」「社会貢献をする」などの働く理由は、「生活に十分なお金ある」からこそ生まれるものなのです。

例えば今失業中で仕事を探している方に「働く理由」を聞けば、ほとんどの方が「生活のため」「お金のため」と答えるでしょう。
ですが会社で働いている方に「働く理由」を聞けば、「成長のため」「社会貢献のため」と答える方が増えるはずです。

なぜなら日本では、一度就職すれば毎月決まった額の給与が貰え、生活が安定するからです。

つまり、多くの方が働く理由は、働く理由はお金を稼ぎ、生活を豊かにするためだと言えます。

社会とつながるという側面もある

仕事をセミリタイアし、家で過ごす時間が長くなると、働きに出たいと思うようになります。
理由は簡単で、社会につながっていたいからです。

仕事を辞めると、交友関係が狭くなります。
人と話す機会も減っていき、世間から取り残されたような気持になるモノです。

だからこそ、働くことで社会と繋がり、人と関わっていたいと思うんですよね。
要は寂しいんです。

働く目的には「お金」だけじゃなく、社会と繋がっていたいという思いもあります。

仕事の質を高めるために+αの目的を作る

仕事の質を高めるには、「お金+α」の目的が必要になります。
なぜなら、お金だけを目的にすると、目の前の仕事をとにかく終わらせれば良いと、考える人が出てくるからです。

仕事の質を考えず、とにかく終わらせようとする人は、会社やお客様の為に何かをしようとは考えません。
そんな方が増えてしまうと、会社としても困ってしまいます。

だからこそ、+αの目的として「社会貢献」や「スキルの習得」などを設定します。

自分で設定しなくても、年に何回か行われる上司との面談や、人事考課で目標設定をしますよね。
これは+αの目的を作ることで、仕事の質を高める効果もあるのです。

仕事の目的

仕事の目的は、一言で言えば「誰かを今よりも幸せにすること」です。

例えば仕事を行った結果、大きくお金を稼ぐことができれば、給与が増えるかもしれません。
給与が増えれば従業員が幸せになります。

新製品を開発すれば、その商品を使う人が幸せになります。
自動車や携帯電話なども、いままでより高性能で簡単に使えるようにすることで、多くの人が幸せになっています。

幸せにする対象が「自分・他人・会社・社会」と違いはありますが、「誰かを幸せにすること」だと考えれば、分かりやすいはずです。

関連記事:仕事は「目的」を明確にしないと「手段」に目が行ってしまう

仕事の目的が見えづらい理由

仕事の目的が「誰かを幸せにすること」だと言われても、普段の仕事からは想像するのが難しいはず。
なぜなら、仕事は分業になっていることがほとんどで、全体像を見ることが難しいからです。

例えば書類のコピーなどの雑用に、目的を見出そうとしても難しいですよね。
完成品ではなく部品だけを製作していれば、何に使われているのか分からないものです。

仕事は良くも悪くも分業が当たり前。
分業だと全体像を見ることが難しいため、仕事の目的も見えづらくなっています。

仕事の全体像を把握する

仕事の全体像を把握すると、その仕事が誰の役に立っているのかが理解できます。

工場であれば下流の仕事をスムーズに流すために、わざとひと手間くわえることがあります。
あるいは生産した部品を納品した会社で、何かしらの機械に組み込まれているかもしれません。

その機械を生産することで、作業が楽になっている人もいるはずです。

仕事の全体像とは、勤めている会社に限った話ではありません。
納品されてからどう使われるのかも、広い意味では仕事の全体像になります。

そして仕事の全体像を把握すると、誰の役に立っているのかが理解でき、仕事の目的も理解できるはずです。

周りの人を幸せにするでも良い

仕事の全体像で考えると、話が大きすぎて分かりづらいかもしれません。
なので、仕事の目的は「周りの人を幸せにする」でもいいのです。

働いてお金を稼ぐことで、家族が幸せになれるのなら、それが一番幸せですよね。
コピーを取り、お茶を組むことで、誰かに「ありがとう」と言われるだけも嬉しいものです。

あるいはお客様を幸せに、喜んでもらうことも立派な仕事の目的になります。

仕事の目的は、「周りの人を幸せにする」でもいいのです。

最後に

働く理由と仕事の目的について紹介しました。
端的に言えば、働く理由はお金を稼ぐためで、仕事の目的は誰かを幸せにするためです。

この記事が、働く理由や仕事の目的を探している方の、参考になれば幸いです。




おすすめコンテンツ

職場のカギの受け渡しをミスったり、検査を怠って大きな損失を出してしまったり…。

今はベテランとして働いている方でも、新人の頃はいろいろな失敗をしているものです。

そんな他人の仕事の失敗談を、不定期で更新中!

>>>仕事の失敗談