派遣から正社員へ転職する際の志望動機の考え方

派遣から正社員へ転職を希望するとき、多くの人が志望動機で悩んでいます。
その理由は簡単で、今までの経験をどうアピールしていいのか分からないからです。

例文を掲載しているサイトもありますが、例文に頼りすぎるとオリジナリティのないものになってしまいます。

そこでこの記事では、派遣から正社員への転職を希望する際の、志望動機の考え方を紹介しています。
履歴書を書くときや、面接の前にぜひ読んでいただき、参考にしていただければ嬉しいです。

安定を求めた志望動機がNGになる理由

派遣から正社員を目指す方で一番多い動機は「安定を求めている」からです。
ですが派遣から正社員を目指す動機として、安定を求めていると伝えてはいけません。

その理由は2つ

  • 採用担当者にとって応募者の生活は興味のないこと
  • 採用されればどこでも良いと捉えられる

つまり応募者が「安定を求めている」ことは、企業にとってどうでも良いことなのです。

たとえ安定を求めているとしても、「正社員になって安定した生活が送りたいです」とは、言わないようにしましょう。

自分の市場価値を確認する

最初にやるべきことは自分の市場価値を確認することです。
自分の市場価値を把握していないと、志望動機やアピールポイントをまとめることができません。

考えるべきことは次の3つ。

  1. 専門性と経験
  2. 人脈
  3. 働いた業界

専門性は「法人営業」「経理」など職種に近いもので、経験は「主任」や「チームリーダー」「店舗の立ち上げ」などの、仕事を通じての経験になります。
人脈は仕事を変えても力を貸してくれる人がいるかどうか考えてください。
働いた業界はそのまま「業界」になります。

派遣社員として長く働いていると、専門性と経験が増えていくはずです。
また様々な業界で働いているはずなので、全て書き出すようにしてください。

市場価値に合った企業を受けると採用されやすい

転職では自分の市場価値に合った企業を受けると、採用されやすくなります。
理由は簡単で、市場価値に合っているということは、そのままほしい人材になるからです。

これから仕事を探す場合は、専門性と経験、業界が合う企業を探してみてください。

企業が求める人材像を把握する

志望動機を考えるときに重要なのが、「企業がどんな人材を求めているか」です。

事務職の求人に営業経験だけで乗り込んでも採用されにくいように、企業が求める人材と自分の市場価値がかけ離れていれば、当然採用されません。

例えば…

職種:営業
業務内容:飲食店向けに冷蔵庫やケースなどの販売。新規・既存・提案営業
応募資格:基本的なPCスキル。明るい人。

という求人の場合、求められる専門性は「法人営業」「有形商材の営業」「新規開拓営業」「ルート営業」「提案営業」になります。
この場合業界経験などは求められていないので、営業の専門性を訴えるべきです。

「法人営業の経験3年、売上の社内順位が2位、新規開拓の経験もあり1年で2社契約を結びました。」
というアピールをすれば、企業が求めている人材に近くなります。

入社後にできることを伝える

次にあなたがその会社に入社してから、どういった形で貢献できるのかを考えます。
入社後できることは、企業が求める人材像に沿って話をすると効果的です。

先ほどの営業の例で考えると…

前職では法人営業として〇〇という商品を販売していました。
お客様に商品を購入していただくには、私を信用していただき、相談できる雰囲気を作ることが大切です。
面談の際にはお客様の相談に耳を傾け、一緒に解決するという姿勢で取り組んできました。
そのために何度も足を運び、お会いする回数を増やすことで、ご契約いただくスタイルでやってまいりました。
その経験が御社での営業活動でも生かせると考え、志望いたしました。

というような感じになります。
自身の専門性と企業のニーズがあっていれば、入社後にできることも見つけやすくなります。

将来象を考える

入社して3年後、5年後に自分がどうなっていたいのか、を考えておきましょう。
ここでのポイントは、企業が求める人材像と合致する未来を考えること。

先ほどの営業を例に考えると…

まず業務を覚え一人前になること。
そして3年後、5年後には実績を出すのは当然として、さらに後輩に教えられるようなリーダーシップを身につけること

この2点を中心に話をまとめて伝えます。

一般職として転職するのであれば、将来象は「自分で実績を残しながら、周りに良い影響を与えるリーダーシップのある人材」が、無難かもしれません。

志望動機と退職理由はセットで考える

志望動機と退職理由はセットで考えると、話に一貫性が出て説得力が増します。
派遣社員を辞めて正社員へ転職しますから、「今までの経験を活かしてより責任感のある仕事がしたいと考え、契約期間満了に合わせて転職を考えました」でもいいですよね。

最後に

派遣から正社員へ転職する際の志望動機の考え方を紹介しました。
この記事でのポイントは次の2つです。

  1. 自分の市場価値を把握する
  2. 市場価値が一致する企業を探す

採用されるには企業のニーズと自分の市場価値が一致していないといけません。
ここがずれてしまうと、志望動機などもずれたものになり、まず上手くいきません。

志望動機で悩んだら、自分の市場価値を把握し、企業のニーズをとらえた上で、どう貢献できるかを考えてみてください。

それでも悩むようであれば、転職エージェントに相談するのもひとつの手です。

派遣会社のスタッフサービスが正社員の求人紹介も行っています。
もともと人材派遣大手の企業ですから、派遣から正社員を目指す際には豊富な知識できっと、力になってくれるはずです。

公式サイトはこちら⇒スタッフサービス

スタッフサービスの特徴は次の通り

  • 超大手派遣会社のスタッフサービスが運営する人材紹介サービス
  • 事務職を中心に全国の求人をご紹介しています。
  • 求人数が多く、とくに女性が働きやすい事務職の求人が多くあるので事務職で働きたいひとにおすすめです。

面倒な登録が不要の転職アプリ

※記事の中でも紹介しているかも。でも本当にお勧めできるアプリなんです。

次のような悩みを感じていませんか?

  • すぐ転職するわけじゃないが情報が欲しい
  • 転職を考えているが活動する時間がない
  • 仕事がつらくて、できれば辞めたいと思う
  • 転職エージェントに登録するのは抵抗がある

こういった悩みを抱えている方に紹介したいのが、ジョブクルの転職アプリ。
その理由は次の6つの特徴があるからです。

  • 面倒な登録が不要
  • 完全無料
  • チャットで転職コンシェルジュに相談できる
  • 電話や面談をする必要がない
  • 退職や転職に関する相談なら何でもOK
  • 転職エージェントと遜色のないサービスが受けられる

ぼくも転職エージェントを利用したことがありますが、電話で話したり面談で会うことが意外と億劫なんです。
「無理に勧められそう」とか「断られたらいやだな」と言う不安も感じます。
それにちょっと相談したいだけで、本当に登録していいのかどうかも悩みますよね。

そんな不安を全て取り除き、気軽に転職のプロに相談できるのがジョブクルの転職アプリです。

ぼくも実際に使ってみましたがかなり具合がいい。
なによりチャットで転職のプロに、気軽に相談できるところがすごく気に入っています。
しかもサービスの内容は転職エージェントと比べても大きな違いはありません。

気軽に相談できてしかも親切に対応してもらえる。
インターフェイスの使い勝手に少し不満はありますが、電話をする必要も、会いに行く必要もないのは大きなメリットです。
良かったら試してみてくださいね。

転職はジョブクル -正社員求人情報を検索してくれる転職アプリ
転職はジョブクル -正社員求人情報を検索してくれる転職アプリ
開発元:Smiloops
無料
posted withアプリーチ