30代で仕事が出来ない人の特徴と対策

仕事ができな人と一緒に働くと、変に疲れてしまいますよね。

本人に「仕事ができない」という自覚があればまだマシです。

ですが、仕事ができない人に限って「俺は仕事ができる」と勘違いしているもの。

それだけに、仕事ができない人とコンビを組んでしまい、あまりの使えなさにうんざりしている人も居るでしょう。

仕事ができないといっても、20代であればまだ可愛げがあるもの。

ですが30代を超えているのに仕事ができないのは、かなり問題があります。

この記事では、30代で仕事が出来ない人共通している特徴と、その対策について書いています。

「この人と働くのが嫌だ!」と、思ったら参考にしてみてください。

スポンサーリンク

仕事ができない人の特徴

仕事が出来ない人の特徴を「まだ我慢できる」「迷惑!」の2つに分けて紹介します。

まだ我慢できる

ギリギリで我慢できる、仕事が出来ない人の特徴です。

我慢できるといっても、2つ3つ重なるとさすがにうんざりしてきます。

  • 指示待ち
  • 言われたことしかできない
  • 段取りが出来ない
  • 環境や人のせいにする
  • 人より仕事が遅い
  • メモを取らない
  • ギリギリまで何もしない

迷惑!

「いい加減にしろ!」と怒りたくなる特徴です。

  • 何度も同じ間違いをする
  • 約束や時間が守れない
  • 何度も同じことを聞いてくる
  • 思いついた仕事から進める
  • 「やり直し」が多い
  • 話ばかりしている
  • ミスを指摘されると機嫌が悪くなる
  • 注意すると反論してくる
  • なぜ怒られているのか理解していない

同じミスを繰り返し、迷惑をかけている自覚がないことで、周りを常にイライラさせます。

本当に迷惑な仕事が出来ない人の最大の特徴

周りの人が本当にうんざりする、迷惑で仕事ができない人の特徴は、

「自分はちゃんとやっている!」

という根拠のない自信を持っていること

この自信があることで、間違いを指摘されると「教わっていない」と逆切れをしたり、「ちゃんとやっています!」と機嫌が悪くなったりします。

仕事で迷惑をかけ、改善するために注意をしたら逆切れされる。

そして同じミスを繰り返す。

こんな人だと一緒に働くのも嫌になりますね。

余談

一緒に働いてい社員で、だれもが認めるほど仕事のできない方がいました。

その方は…

  • 指示された仕事の一部分だけをやる
  • 一部分でもやってあれば仕事をしていると考えている
  • 自分は仕事ができると思っている
  • 子供っぽい
  • 口だけは達者
  • 怒られているという自覚がない

…という特徴がありました。

当時はあまりに仕事の進みが遅く、感情的に怒ってしまったこともあります。

何しろ仕事の段取りはすべて私がやり、あとは言われたとおりに動くだけ!

という状態にしても全体の2割しかやらないのです。

しかも仕事が3つあるとすれば、3つとも2割しか終わっていません。

あまりにも仕事をしないので、「ふざけんな!!!!!」と怒ってしまったわけで…。

ですが今思えば感情的になるのではなく、もっと冷静に話を聞くべきだったかもしれない、とも思います。

仕事の出来ない人に対処するには

では、仕事の出来ない人と働くことになったらどうすればいいのか、対処法を紹介します。

出来るまで教える

仕事の出来ない人は、自分では出来ていると思っていますから、注意をしても受け入れようとしません。

なので注意はせずに、相手が理解できるまで何度でも、我慢強く教えましょう。

大切なのは、中継地点を何か所も設けて途中経過を確認し、間違いがあったら修正をやさしくお願いすること。

作業を細分化して細かく教える、紙に書いて読んでも貰うなど、工夫も必要です。

全て自分でやる

我慢してお願いすることが出来ない時は、出来ない人を当てにせず、全て自分でやります。

人に対してイライラすることは無くなりますが、仕事の負担はものすごく増えるでしょう。

ただ、やり直すことを考えれば自分でやった方が早いかもしれません。

上司に相談する

上司を味方につけて対応することも大切です。

ただ、上司によっては部下の上辺しか見ていないことも多く、話をしても何もしてくれない可能性もあります。

ですが、諦めてはいけません。

上司が理解してくれるまで何度でも相談しましょう。

転職する

どうしても我慢できなければ転職しましょう。

仕事の出来ない人と同じ仕事を、同じ給与で行うのはバカバカしいもの。

だったらもっと働きやすい職場を探してもいいのです。

仕事の出来ない人を注意しても無駄になる理由

仕事の出来る人か出来ない人かを評価するのは、自分ではなく他人(上司や同僚)です。

自己評価で「私は仕事が出来る」と言っても何の価値もありません。

周りの人が「あの人は仕事が出来る」と評価することで、初めて仕事の出来る人になります。

仕事ができず周りに迷惑をかける方は総じて自己評価が甘く、他己評価を受け入れないことが多いようです。

なので「私は仕事が出来る」のに「なぜあなたに言われないといけない」のかと考えます。

根本的な考え方を他人が変えることは出来ませんから、注意をしたり怒ったりしても無駄です。

あなたは大丈夫?仕事の出来ない人チェックリスト

知らないうちに「仕事の出来ない人」だと言われていませんか?

もし気になるのなら、次の項目を見て当てはまるかどうかチェックしてみてください。

  • 自分は仕事ができると思っている
  • 仕事は会社が用意するものだと思っている
  • 人に任せるより自分で仕事を進めた方が早い
  • メモを取らなくても覚えることが出来る
  • 目標は高ければ高いほど良いと思う
  • 些細なミスが多い
  • 「辞めたい」「疲れた」「帰りたい」とつい言ってしまう
  • 人のミスを見つけるのが得意
  • 人の話を聞くより自分で話す方が多い
  • よく「やり直し」を指示される

当てはまる項目が多いのなら要注意。

知らないうちに出来ない人だと思われているかもしれません。

最後に

仕事の出来ない人と一緒に働くとストレスが溜まりますよね。

でも、出来ない人にも何かしらの理由があることもありますから、一方的に「あいつは出来ない奴」としてバカにしてはいけません。

なぜ出来ないのか、どうすれば出来るようになるのかを考え、対応していくのが「仕事の出来る人」の姿勢です。

「あいつは出来ない奴だ」とバカにするのは、仕事が出来ない人のやることです。

仕事を細分化して教える、紙に書いて読んでもらう、メモは必ず取らせるなど、対応方法は色々あります。

諦めるまえにぜひ、「仕事の出来る人」として対応してください。




本当に向ている仕事の見つけ方

向いている仕事の見つけ方
  • この仕事に本当に向いているのか
  • もっと活躍できる仕事があるはず
  • もっと給与が高い仕事ができるはず
  • 自分の才能を教えてほしい
  • 適職さえわかればすぐに辞めるのに!

そんな悩みを持っている方向けに

自分の才能を知って、向いている仕事を見つける方法

を紹介!

向いている仕事を見つける