「仕事を辞めたい、だけど理由がない」そんな時どうする?

「特に理由はないけど、仕事を辞めてゆっくりしたい」

働いていると、ふとしたタイミングでそう思うことがあります。

長期連休明けの初日や、忙しすぎて自分の時間が全然取れないときは特にそう思いますね。
だからと言って退職届をだすわけでもなくて、「あ~、辞めてのんびりしたいな~」と、気持ちだけがだらけているのです。

なかにはこんな風に考えている方も…。

  • 毎週月曜日になると辞めたくなる
  • 出勤時間も退勤時間も休みの日も常に辞めたい

ここまで来たら、「もう辞めたら?」って言いたくなりますよね。

さて、特に理由はないけど仕事を辞めたいとき、「理由を明確にして、それでも辞めたけば行動に移す」ことはおすすめできません。
たぶん疲れているだけですから、休みでも取って旅行にでも行けばいいのです。

この記事では、そんなふわっとした「なんとなく辞めたい」気持ちについて書いていきます。

「辞めたい理由を明確にする」のは意味がない

「理由はないけど仕事を辞めたい」と考えている方が、辞めたい理由を明確にする意味はありません。

よく転職サイトでは、辞めたい理由を明確にして、それに合った対処法を取りましょう、と言う記事があります。
例えば…

まず、時間をとって「なぜ辞めたいと思うのか」を考えてください。
皆の仕事を辞めたい理由には、次のようなものがあります。

  • 人間関係がうまくいかない
  • 仕事内容が気に入らない
  • 給料が安すぎる
  • 全然評価してもらえない
  • 労働時間が長すぎる

辞めたい理由が明確になったら、次は「本当に辞めたいのか」をじっくり考えます。
それでも辞めたいと思ったら、行動あるのみ! 退職届を書いて仕事をやめましょう!

…というアドバイスですね。

でもこれね。

現実的というか、押し付けと言うか、今一しっくりこないアドバイスですよね。
「なんとなく辞めたい」と言っている人は、本気で辞めたいと思っていないはずです。
たぶん疲れているだけなんですよ。

空白期間の長い人に日本の会社は冷たい

「なんとなく辞めたい」と思って本当に辞めてしまう人が少しでも減るように、離職後の空白期間が長いとどうなるか説明しますね。

日本の会社は「空白期間」のある人にすごく冷たいんです。

なぜか。

それは、採用担当者が次のように考えるからです。

空白期間=離職している期間=ブランク

そう、仕事から離れている期間は「ブランク」だと考えられ、頼みもしないのに色々な心配をしてくれます。

  • 仕事に対する意欲がない
  • 「夢」を追いかけるタイプの人
  • 勘やスキルが鈍っている人

そんな心配をした結果、ブランクの長い人は採用されにくくなっていくのです。
ちなみに、ブランクが長くても次のような人は採用されやすいと言います。

  • 留学をしていた
  • 介護をしていた
  • 難関資格の勉強をして取得した

言い方を変えると、「理由もないのに長期間働かない奴は、就職できないよ」ってことです。
つまり「なんとなく辞めたい」と言う一時の感情で辞めてしまうと、思わぬ苦労をすることになるのです。

就職している1番の利点は、給与が出ること

なんとなくで辞めると、一番苦労するのが「お金」です。

一度でいいから、仕事も収入もない期間を経験してみると、「就職しているだけで給与が出る」というありがたみが分かります。
お金が入ってこないのに、毎月貯金が減っていくあの恐怖感。

「このお金が無くなったらどうなってしまうのだろう」

そんなことを考え出すと、夜も眠れないほどの不安に襲われます。
だから、「なんとなく辞めたい」と思うなら、辞めたい理由を明確にして辞めるんじゃなくて、とりあえず今の仕事を続けてほしいのです。

辞めたい理由を明確にしても仕方がないでしょ?
そんなことに時間を使うくらいなら、なんとなく休みを取って、なんとなく旅行にでも行けばいい。

気持ちをリフレッシュさせれば、「辞めたい」という気持ちもなくなるかもしれませんよ。

なんとなく辞めたいのは本能のなせる業

「理由はないけど仕事を辞めたい」と思うのは、連休明けの初日や、仕事の忙しさで疲れているときです。
つまり、楽をしたい時ほど「仕事を辞めたい」と思うんです。

これは、人の本能が「できるだけ楽をしたい」と考えているから。

つまり、疲れているときは「楽をさせてよ」と本能が語り掛けてくるから、「なんとなく仕事を辞めたい」と思います。
連休明けは体と脳が楽をすることになれているから、「このままでいいよ」と本能が語り掛けてきます。
その本能に逆らって仕事に行こうとしますから、「なんとなく辞めたい」と言う気持ちが芽生えるのです。

これはもう、どうしようもありません。
「人は楽をしたい生き物だ」ということを理解して、仕事に行くか辞めるかは、自分で選択するしかないのです。

とりあえず仕事に行く

連休明けで「なんとなく行きたくない」と思っているのなら、我慢して仕事へ行きましょう。
仕事へ行ってしまえば、不思議と「働くか!」と思えるものです。

ポイントは今までと同じように行く準備をすること。

朝ご飯を食べ、歯を磨いて服を着替えて、いつもと同じ時間に家を出て下さい。
週間になっている行動をなぞることで、自然と体が会社へ向かうはずです。

思い切って休む

毎日のように「なんとなく行きたくない」と思う場合は、ストレスがたまりすぎています。
開き直って少し仕事を休みましょう。

仕事を休んだら、余計なことは一切考えずに、思いっきり楽しむことが大切。

スポーツをするもよし、読書をするもよし、ゲームをするのもよしです。
昼間からビールを飲んでもいいですよね。

ストレスを発散するポイントは「楽しむこと」

「休んじゃった、どうしよう、明日行きたくないなぁ」とか、余計なことは考えないようにしてください。

最後は自分で決める

最終的にどうするのかは、自分で決めるしかありません。
理由なく仕事を辞めるのか、覚悟を決めて仕事に行くのか、最後に決めるのは自分自身です。

せめてアドバイスを送るのなら…
連休明けなら十分リフレッシュしているはずなので、気合を入れて会社に行きましょう!
忙しい日が続いているのなら、覚悟を決めて休みましょう!
…ぐらいですね。

ポイントは「自分で決める」こと。

理由はないけど仕事を辞めたいからと、本当に辞めてしまうのは愚かな選択です。

なんとなく辞めたいが長引くなら病院へ行く

「なんとなく辞めたい」と言う気持ちが、もう何週間も、何カ月も続いている。
と言う方は、心療内科を受診してください。

ひょっとすると、初期のうつ病になっているかもしれません。

心療内科を受診して、病気じゃなければ儲けものです。
放っておいて悪化させるよりは、時間を取って診察されることをおすすめします。

関連記事
仕事を辞めたい人必見!悩み別別対処法

面倒な登録が不要の転職アプリ

次のような悩みを感じていませんか?

  • すぐ転職するわけじゃないが情報が欲しい
  • 転職を考えているが活動する時間がない
  • 仕事がつらくて、できれば辞めたいと思う
  • 転職エージェントに登録するのは抵抗がある

こういった悩みを抱えている方に紹介したいのが、ジョブクルの転職アプリ。
その理由は次の6つの特徴があるからです。

  • 面倒な登録が不要
  • 完全無料
  • チャットで転職コンシェルジュに相談できる
  • 電話や面談をする必要がない
  • 退職や転職に関する相談なら何でもOK
  • 転職エージェントと遜色のないサービスが受けられる

ぼくも転職エージェントを利用したことがありますが、電話で話したり面談で会うことが意外と億劫なんです。

「無理に勧められそう」とか「断られたらいやだな」と言う不安も感じます。
それにちょっと相談したいだけで、本当に登録していいのかどうかも悩みますよね。

そんな不安を全て取り除き、気軽に転職のプロに相談できるのがジョブクルの転職アプリです。

ぼくも実際に使ってみましたがかなり具合がいい。
なによりチャットで転職のプロに、気軽に相談できるところがすごく気に入っています。
しかもサービスの内容は、転職エージェントと比べても大きな違いはありません。

気軽に相談できてしかも親切に対応してもらえる。
インターフェイスの使い勝手に少し不満はありますが、電話をする必要も、会いに行く必要もないのは大きなメリットです。
退職や転職で悩んでいる方にこそ、使ってほしいアプリです。

ダウンロード