仕事がつらいとき、誰に相談すればいい?

仕事が辛いと感じるとき、誰に相談すればいいのでしょうか?

職場の上司や同僚でしょうか?それても家族や恋人ですか?

この記事では、あまりの辛さに仕事があると思うだけで、自然と涙が流れてきた僕の体験を踏まえ、仕事が辛いとき、誰に相談するべきかを紹介しています。

仕事が辛いと相談できない

ぼく自身の体験でお話すると、本当に仕事が辛いと感じているときは誰にも相談できません。
なぜ相談できないのかと言うと、本当に仕事が辛いからです。

ぼく自身仕事が辛いことを家族に話したのは、退職を決意したときでした。
また上司に話したときは、退職届を手に握っていました

一言で言えば覚悟を決めるまで「辛い」と言えなかったんです。

その理由は沢山あります。

  • 転職したばかりだった
  • 生活にお金が必要
  • 妻に心配かけたくない
  • 弱いところを見せたくない
  • 辛いといっても頑張れと言われるに決まっている

などなど。

自分が辛いということで、周りの人が悲しみ、困る姿を見たくないから言えない。
人に辛いと言ってもちゃんと取り合ってもらえない、そう感じている人もいるかもしれません。

「辛い」って言えばいい。
そうアドバイスしてくれる人は沢山いますが、実際はなかなか言えないものです。

では辛いと言えないのならどうすればいいのでしょうか。

上司に仕事が辛いと相談する

仕事が辛いとき、相談相手として適任なのは上司です。
なぜなら仕事の配分や業務の進め方を、管理する立場にある人だから。

ただ上司に相談するときに、「仕事が辛いんです」と言うのは避けた方が無難ですね。
あくまでも仕事の相談として、現状を変えるための相談をしましょう。

例えば…

  • Aという案件に時間がかかるため、Bをほかの人に頼めないか
  • Aを一人でやると残業が続くため、サポートを付けてもらえないか

と言った具合です。
自分自身の負担を減らすために、何をしてほしいのかを明確に伝えることが大切です。

人間関係の相談をするなら

人間関係の悩みを相談するときは、さらに悪化する覚悟をしておいてください。
はっきり言って、上司に相談しても人間関係の悩みは解決しません。

理由は簡単で、上司は人間関係のエキスパートではない、からです。

過去にパートさんが女性のおやつタイムで、仲間外れにされると上司に相談した結果。
関係がさらに悪化して、結局2人揃って辞めることになった、というケースもあります。

それを踏まえた上で…。

上司に相談する場合は、何が嫌なのか、どうしてほしいのか、を明確に伝えることが大切。
Aさんと上手くいかなくて…では、上司もどうしていいのか分かりません。

最後に職場は仕事をする場所なので、仕事と関係のない人間関係を相談しないこと。

例えば「Aさんと仲良くしたい」「Bさんと一緒にお昼を食べたい」などは仕事とは関係ありませんよね。
あくまでも仕事に関係のあることを相談するべきです。

同僚に仕事が辛いと相談する

気の許せる同僚がいるのなら、仕事の悩みを相談すれば、気持ちが楽になるはずです。
同じ職場で働いていますから、悩んでいる気持ちもきっと理解してくれるでしょう。

ただし、同僚に相談しても問題は解決しません。
同僚に仕事の決定権があれば別ですが、まずありませんよね。

それでも同じ職場に理解者がいると言うのは心強いもの。
相談することで頑張れるのなら、話をしてみてはいかがでしょうか。

恋人(彼氏・彼女)に仕事の辛さを相談する

恋人は好きな人から相談されると嬉しいものです。
もし「相手に迷惑をかける」とか、「重いと思われるのが嫌だ」と思っているのなら、それは勘違いです。

本当に好きな相手なら、辛いときは頼ってほしいと思いますし、気持ちを打ち明けてもらうと嬉しくなります。
なので深く考えずに相談してみましょう。

ちなみに、彼氏が彼女に相談する場合は、ベタベタと甘え過ぎないようにご注意を。

仕事が辛いと家族に相談する

家族への相談は少し注意が必要です。
なぜなら今でも、「仕事は多少辛くても我慢して頑張るもの」だと考えている方が多いから。

しかも本当につらいと感じているときほど、望んでいた言葉は聞けないものだと思ってください。

人は人のことを完璧に理解することはできません。
これは家族でも同じ。

さらに長く一緒に生活をしている「慣れ」が厄介。

普段「辛い」と言わない人が「辛い」と言うと、「何の冗談?」だと思うものです。
頻繁に「辛い」と言う人が「辛い」と言えば、「いつものやつね」と思うものです。

家族に相談したけど期待通りの答えが返ってこない時は、「家族の意見はそうなんだな」と思うことが大切。
家族だから理解してほしいと、過度な期待は持たないようにしましょう。

仕事が辛いときの電話相談

仕事が辛いとき、関係のない第3社に相談する方法もあります。

まずは厚生労働省が委託している「心の耳(URL:http://kokoro.mhlw.go.jp/)」を見てみてください。
ここは働く人の心をサポートする目的で、運営されているサイトです。

このサイトには心の負担を軽くするコツや、ストレスのセルフチェックをするコンテンツが用意されています。
またサイト自体が相談を受け付けているので、仕事の悩みを相談することもできます。

もちろん電話での相談も受け付けています。

TEL:0120-565-455

月曜日・火曜日 17:00~22:00 / 土曜日・日曜日 10:00~16:00
(祝日、年末年始はのぞく)
※番号非通知は、受け付けていない。

また「心の耳」では、状況に合わせた相談窓口も紹介しています。
トップページの「相談する」をみて、自分に合った窓口を探してみてください。

面倒な登録が不要の転職アプリ

※記事の中でも紹介しているかも。でも本当にお勧めできるアプリなんです。

次のような悩みを感じていませんか?

  • すぐ転職するわけじゃないが情報が欲しい
  • 転職を考えているが活動する時間がない
  • 仕事がつらくて、できれば辞めたいと思う
  • 転職エージェントに登録するのは抵抗がある

こういった悩みを抱えている方に紹介したいのが、ジョブクルの転職アプリ。
その理由は次の6つの特徴があるからです。

  • 面倒な登録が不要
  • 完全無料
  • チャットで転職コンシェルジュに相談できる
  • 電話や面談をする必要がない
  • 退職や転職に関する相談なら何でもOK
  • 転職エージェントと遜色のないサービスが受けられる

ぼくも転職エージェントを利用したことがありますが、電話で話したり面談で会うことが意外と億劫なんです。
「無理に勧められそう」とか「断られたらいやだな」と言う不安も感じます。
それにちょっと相談したいだけで、本当に登録していいのかどうかも悩みますよね。

そんな不安を全て取り除き、気軽に転職のプロに相談できるのがジョブクルの転職アプリです。

ぼくも実際に使ってみましたがかなり具合がいい。
なによりチャットで転職のプロに、気軽に相談できるところがすごく気に入っています。
しかもサービスの内容は転職エージェントと比べても大きな違いはありません。

気軽に相談できてしかも親切に対応してもらえる。
インターフェイスの使い勝手に少し不満はありますが、電話をする必要も、会いに行く必要もないのは大きなメリットです。
良かったら試してみてくださいね。

転職はジョブクル -正社員求人情報を検索してくれる転職アプリ
転職はジョブクル -正社員求人情報を検索してくれる転職アプリ
開発元:Smiloops
無料
posted withアプリーチ